CFD取引

CFD取引 

CFDとは?

1cfd1CFD (Contracts for Difference、差金決済取引)は 派生金融商品売買の仕組みで、投資家が商品先物や株価指数など多くの金融資産の価格変動を取引きできるというものです。

契約書に基づいた原資産を持つことなく様々な市場に投資するためのテクニックが簡単に理解できるようになっているので、取引の新しい展開を見出すことができます。

CFD取引ガイド:

CFDとは?

CFDは基本的に売り手・買い手の利害関係者間の契約で、通貨、指数、現物株および先物にわたる広範囲の資産の価格の差額から利益を得るものです。

例えばある株が明確に楽観的傾向を示している場合、CFDを使ってその資産の有効性を評価することができます。これは、利益を出せる価格まで上がった後にCFDを売ることを主な意図としています。

どのようにCFDが生まれたのか?

CFDは、国際株式市場の特定の銘柄の値動きを示した、アメリカではダウ平均株価、S&P500やナスダック等の金融指数である株価指数をもとに構成することができます。仮にナスダックが最近ダブルボトムで現在は高い値で反発している、という場合にはCFDを使ってナスダックを買うというといった具合です。

この取引で重要なことは、実際のナスダックの株は買っていないということで、予測どおり株価が上がれば利益分を後日現金化することができます。

同様にCFDは先物を元にして構成することもでき、油、とうもろこし、麦または金等、選択した先物価格を需要と供給に従って予測し、その事前に決めた日程と価格で売るまたは買うことができます。

なぜCFDを使うのか?

従来の方式と比較してこの投資の仕組みを利用する強みはいくつかあり、まず1つ目は原資産を持つ必要が全くないということです。それに加え、CFDは広大なレバレッジ市場で取引することができるので、小さな保証金で大きなポジションをとることができます

例えば、100倍のレバレッジで取引する場合、10万ドルのポジションで金をベースにしたCFDがたった千ドルの保証金で決済することができるのです。しかしながら、大きい利益が得られるチャンスがある一方リスクも増大するのでアカウントを守るためにも金銭管理のコンセプトをきちんとマスターすると良いでしょう。

その他、市場が値上がりしても値下がりしても利益を出すことができることや原資産を実際に所有していないので印紙税の対象にならないこと、さらにはブローカーは最低のサービス料金やコミッションのみ課金するところもCFD取引の長所となります。

継続的にクオリティの高い判断をする

CFD取引で成功するには継続的にクオリティの高い判断ができる精神を鍛えることです。新しいことが次々に起こる金融マーケットに対して素早く適切に反応しなくてはいけないので、これはとても大切なスキルになります。

取引の判断に直感や感情を決して入れるべきでなく、取引の際はそれのみに集中できるようにする必要があります。金銭管理のコンセプトをもって取引することで支払い能力を超えての取引や、マージンコール(追加証拠金)が必要になることを避けることができます。

これによりストレスレベルを最小限に抑え、クオリティの高い判断をしながら冷静な態度で取引することができます。逆にマージンコールを避けるような対策を取れなかった場合、アカウントが維持できるかどうか常に心配することになり、マージンコールで極度にイライラしたり心理的に深刻なトラウマになることがあります。

これでは取引でクオリティの高い判断をするのは困難です。ですからCFDにはスキルと経験が必要だということに気づき、世界の金融と経済の発展にいち早く対応できるようにする必要があります。

Comments are closed.