規制されているバイナリーオプション業者2015

regulated binary optionsこのページは現在CySECに規制されているバイナリーオプション業者のディレクトリです。 CySEC (Cyprus Securities and Exchange Commission―キプロス証券取引委員会)はヨーロッパにあるバイナリーオプションのデファクトです。

これに規制されているブローカーを選択することにより、あなたの資産は分離保管口座で安全に管理されます。またブローカーへのクレームに対するより良い法的保護や償還を受けることができます。

CySECで規制されているバイナリーオプション業者:

Broker Info Bonus US Traders Open Account
Stockpair Spread:
Leverage:
Minimum Deposit: $200
Demo Account: No
$500まで40%と 3%のキャッシュバック Visit BrokerRead Review
Banc de Binary Spread:
Leverage:
Minimum Deposit: $250
Demo Account: No
初回入金ボーナス100% Visit BrokerRead Review
バイナリーオプション業者について:2000年半ばのローンチから バイナリーオプションは、正式な財政メカニズムと反対に、ギャンブルの要素があることから多くの投資家から金銭投資のワイルドウエストとされてきました。 例えば、多くのバイナリーオプション業者はキプロス(CySEC)のような オフショアのタックスヘブンに所在しており、この小さな国の経済と財政構造のもろさを考えるとこの特徴自体が大きな懸念となってしまいます。最近までバイナリーオプション市場は最低限の法律と規制にしか縛られていなかったことから、インターネットでは凍結された資産や困難な出金などブローカーの不正行為が溢れていました。これらの問題を解決するため、バイナリーオプション市場は世界のリーダー国と大きな改革を行っており、現在ではブローカーに対する厳しい規制管理を設定し、その法域の中で運営させるようにしています。

なぜ規制が重要なのか?

2000年半ばのローンチから バイナリーオプションは、正当な投資の形式とは反対ににギャンブルの類とされ多くの経済機関から取引の“ワイルドウエスト”とされてきました。例えば、多くのバイナリーオプション業者はキプロス(CySEC)のような オフショアのタックスヘブンに所在しており、この小さな国のバンキングと金融機関のもろさから、これ自体が大きな問題とされていました。最近までバイナリーオプション業者は最低限の制限事項と法律に関する必須条件を満たす必要があるだけだったことから、現金の凍結などこの市場はブローカーの違反が多数報告されており、現在ではバイナリーオプション業界が大きな改革が行われるレベルまでひどいものになっていました。実際世界中の多くの国が自国で運営するバイナリーオプション業者により厳格な指導を行っています。バイナリーオプション業者が政府の規制機関からきちんとライセンスを得るようになってからは、その機関の規制に遵守して合法的に製品やサービスを提供しなければならなくなりました。具体的には、完全に規制されたブローカーのクライアントは投資された資金に対して高いレベルでの保護を受けることができ、運営の透明性も増すようになりました。 世界の主要なバイナリーオプション規制機関 世界のほとんどの主要国は規制っ機関を設けておりバイナリーオプション市場を規制しています。下記が主要な機関です:

規制機関

名称

米国

CFTC

Commodity Futures Trading Commission (米商品先物取引委員会)

ヨーロッパ

CySEC

Cyprus Securities and Exchange Commission (キプロス証券取引委員会)

英国

FSA

Financial Service Authority (金融サービス機構)

カナダ

無し

該当なし

オーストラリア

ASIC

Australian Securities and Investments Commission(オーストラリア証券取引委員会)

南アフリカ

無し

該当なし

アラブ首長国連邦

DIFC

Dubai International Financial Center(ドバイインターナショナル・ファイナンシャルセンター)

ロシア

FFMS

Federal Financial Markets Service(連邦金融市場監督機構)

バイナリーオプションビジネスの規制は世界中で急速なペースで発展しており、下記は主要な国々の現在の状況についての説明になります。2.1 USA  1974年米議会により認可されたCommodity Futures Trading Commission Act(商品先物取引委員会法)の結果、同年CTFCが制定されました。CFTCの主な目的はバイナリーオプションを含む先物市場を規制して詐欺や偽りのブローカーからトレーダーを保護することです。また米国の金融市場を信頼のおけるものにし、初心者が認識し得ない損を被らないように透明性をもたせ、かつ競争力を保っています。 最近設定されたDodd-Frank法もまた米国のバイナリーぷション業界に大きな影響を与えています。この法律は主に北米の投資家が2008年の金融危機の時のように大きな被害を被らないよう、さらなる保護と安全対策を生んでいます。例えば、バイナリーオプションで指数や先物を取引することは合法ですが、FXと証券市場は法的に取引できなくなりました。この法率は米国の市場に大きな波及効果を生むことになり、 最大なインパクトとしてはブローカーが米国に対してフレンドリーかそうでないかの二極に分かれてしまいました。フレンドリーなブローカーは米国市民を新規顧客として迎えることができますが、そうでないブローカーはそれができません。2.2.カナダ カナダにはバイナリーオプション業界を監視する特別に認められた規制機関がなく、この投資セクターで取引をするカナダ人を規制する法的条件もありません。 実際いくつかの主要なブローカーは本社をカナダにおいていますが、最近までこの国はバイナリーオプション市場の中ではスモールプレーヤーとされてきました。しかしながら、カナダ人は法的な規制を受けないことから最近は注目度が大きく高まり多くのカナダ人がバイナリーオプションで取引をするようになりました。 2.3 英国 英国で運営されている一流ブローカーはFinancial Control Authority (FCA)により規制されています。元々の規制機関はFinancial Services Authority (FSA―金融サービス機構) で、これがPRA(Prudential Regulatory Authority―健全性規制機構)とFCAに分かれてから2013年4月にFCAに置き換えられました。 FCAの主な目的は英国の金融市場で取引する投資家を保護することで、バイナリーオプション取引をする投資家はFCAに規制されているバイナリーオプションのブローカーを選択するよう推奨されています。FCAに認可されているブローカーはFACのウェブサイト(fca.org.uk)にてすぐ確認することができます。 2.4ヨーロッパ 2013年の初頭からヨーロッパ地域のバイナリーオプション市場はCyprus Securities and Exchange Commission (CySEC―キプロス証券取引委員会)に規制されています。CySecの最も主な目的は右記の通りです:1. ヨーロッパ地域内のバイナリーオプション市場の監視をする。 2. 犯罪行為、マネーロンダリングや詐欺などを排除するため、バイナリーオプション製品およびサービスをサポートする全てのブローカーの評価と管理をする。3. 金融報告書、広告やプロモーションなどを含む、バイナリーオプション業者が一般市民に発信した全てのデータの真実性と信頼性を確認する。 4. バイナリーオプション業者によって行われた全ての取引に真実性があり完全に透明性があるか確認する。5. バイナリーオプション業者に入金された取引資金を倒産またはその他の金融問題から保護する。 2.5 オーストラリア オーストラリアのバイナリーオプション市場はAustralian Securities and Investments Commission (ASICーオーストラリア取引委員会)に監視されています。ブローカーが真実性と透明性をもって運営していることを保証するため、この機関が許可・管理をしています。結果、 完全な整合性をもったプロフェッショナルな作法で金融取引があれていることを保証し、銀行、金融企業、信用組合やモーゲージブローカーなどの監視をする責任を負っています。ASICの主なゴールは下記の通りです:

  1. オーストラリアの金融市場の規制や法律を守らせる。
  2. 規制された企業の財政記録を集め、確認し、公表する。取引が公正であるよう、企業は指定された期間の正確な金融パフォーマンスの情報を提出しなければならない。

2.6 南アフリカ The Bond Exchange of South Africa (BESA)は2007年に革新的な取引プラットフォームをローンチし、南アフリカのトレーダーがバイナリーオプションを取引できるようにしました。このプラットフォームが完全に保証されてから2007年12月中に金融市場での取引への使用を開始しました。その頃からバイナリーオプションは受け入れられ大きく興味を持たれました。しかしながら、最近の分析では、南アフリカのバイナリーオプション業界は証券サービス法や金融サービス委員会など国の規制機関に監視されていないことが証明されたので実際はこのマーケットセクターの南アフリカのトレーダーは最低限しか保護されていません。 2.7 アラブ首長国連邦 (UAE) アラブ首長国連邦は2つの金融地域があり独立した規制機関でバイナリーオプションの管理をしています。 Dubai International Financial Center (DIFCードバイインターナショナルファイナンシャルセンター)は内部の規制機関 Dubai Financial Services Authority (DFSA)により監視されており、その他はCentral Bank of the UAEやMinistry of Economy Planning and the Emirates Securities and Commodities Authority (ESCA)などの内部機関によって監視されています。2004年には中東で一流の金融環境を生み出す目的でDIFCがローンチしました。DFSAは詐欺やマネーロンダリングに関わる犯罪を排除するのに大きな権力を持っていますが、UAEのその他はDIFCと違いバイナリーオプション規制機関に特化していません。 Central Bankはバンキングや取引の規制を監視する責任があり、ESCAは資産投資の重要なセクターをみています。 最近の変化 現在急スピードで進められているバイナリーオプション市場の規定のアップデートについては評価に値します。例えば、バイナリーオプション業者はジブラルタル、ケイマンアイランドやキプロスなどのタックスヘブンで登録されているところしか選択できなかったところが今ではグローバルで選択することができます。直近数ヶ月での重要な変更は下記を含みます:

  1. EZ Traderは2013年6月20日にCySECのライセンスを取得。このブローカーは WGM Services Ltdに所有されており、現在米国のクライアントを受け入れています。
  2. Cedar Financeは2013年9月12日にCySECのライセンスを取得。この企業は T.B.S.F. Best Strategy Finance Ltdに管理されており、米国に好意的です。
  3. OptionsXOは2013年7月11日にCySECのライセンスを取得。この企業はYTF Trade Limitedが所有しており、こちらも米国に好意的です。
  4. 過去直近数週間で最も大きな出来事としては、iOptionが倒産するということでしょう。正式なアナウンスはまだなく、ウェブサイトも未だに存在していますが、正式なニュースが近日中に発表される予定です。

Leave a Reply