CFDブローカー2015

CFDはContract-for-Difference(差金決済)の略で、資産となる現物株、先物、通貨または指数などを取引開始時終了時の価格差により決済する契約です。差額がプラスであれば売り手が買い手に支払いをし、マイナスであれば損として買い手が売り手に支払いをします。

2005年CFDブローカートップ5:

下記は私達お勧めのCFD会社です。このレビューを掲載するにあたっては広範囲の基準を考慮しています。

ブローカー 情報 ボーナス 米国トレーダー 口座を開設する
CFDとは? CFDはレバレッジされた派生商品で売買の結果生じた差額を取引きします。これにより投資家は原資産を所有する必要がなく価格変動の山を掛けることができ、かつ小額で大きなポジションをコントロールすることができます。さらにCFD取引の損益は買値と売値の差で決まるので、従来のスポットFXトレーディングと違いストックCFDの所有者は現金配当を受け取ることができます。もともとCFDは短期の通貨投機かつ長期ポジションの取引のみに適しており、取引はブローカーを通して専用アカウントで行われます。ブローカーは取引ごとまたは取引額(例:スプレッドに課金する)にコミッションを課金、または両方に課金することもあります。 what-is-cfd-trading CFDブローカーアカウントを持つことでトレーダーは資産を持たずに短期売買でき、特にポジションをコントロールするのに莫大な現金が必要な取引をすることができます。例えば、株価指数または原油取引は従来大きな現金を必要としますが、CFDの変動部分投資をすることで小額 で取引額面通りの利益を得ることができます。ブローカーの種類 FX市場と同様にCFDプロバイダーは2種類に分類できます:

  1. マーケットメーカー(値付業者)
  2. ダイレクトマーケットアクセス(DMA) プロバイダー

マーケットメーカーまたはDMAプロバイダー専門のプロバイダー以外に上記両方を提供するところもありますが(例:IGマーケット)それぞれにメリット・デメリットがあるので自分に適したところを選びましょう。マーケットメーカーは従来のスプレッド投資をするのでトレーダーはCFDプロバイダーの表示する価格の逆張りをすることになります。コミッションや資金要件は低いですが、利益相反が問題となります。一方DMAプロバイダーでは、オーダーが直接 注文控えに送られるので、指値注文をしてビッドで購入する、または 他者がビッド/セットした価格をオファーした際のスプレッドの支払いを避けるためアスクで売ることになります。DMAプロバイダーは通常高いコミッションを課金します。CFDプロバイダーもどちらの営業モデルに関係なく、コミッション率、取引される資産または参加できるトレーダーの違い等、様々な特徴を持っていますが、自分が欲しい全てをかねそろえたCFDを見つけるのは難しいので複数のブローカーを使い分けるとよいでしょう。CFDブローカーを選ぶ 下記はCDFブローカーを選ぶ際のポイントになります:

  1. 規制:そのCFDは国や所在地で営業をするライセンスを所持していますか?また、クライアントの資金の取り扱われ方において、特定の条件はありますか?
  2. マージン: CFDアカウントは基本的にマージンアカウントですので、マージンレベルとルールについて知っておくとよいでしょう。
  3. コミッション課金:コミッションは取引にかかりますが、それはいくらでしょうか?ブローカーによってはスプレッドにかけるところもあるので、自分がいくら支払うのか知っておくとよいでしょう。
  4. 取引のプラットフォーム:オーストラリアでは取引所でCFDを売買することもできます。 取引所またはプラットフォームベースのどちらにしたいですか?オンラインプラットフォームを使用しているなら、信頼性が高くテクニカル分析に必要なチャートを提供しているかどうか確認しましょう。
  5. 取引できる資産とマーケット:国によってはCFDとして取引を制限していることがありますので、自分が取引したいマーケット/資産がプラットフォームで取引できるか確認しましょう。
  6. マーケットメーカーかDMAか?マーケットメーカーは資金要件の敷居が低く利率も低いですが、あなたの利益と相殺することになります。一方DMAプロバイダーは注文控え帳にオーダーを転送しますが、コミッションも取引額も高額になります。金銭的にまかなえるか、どちらが好みか考えてみましょう。
  7. 国内市場と国際市場へのアクセス: CFDブローカーにより国内資産の取引のみのところもあれば、国内と国際資産両方の取引をするところもありますが、どちらにもメリットがあります。あなたがブローカーと同じ国にいるなら国内資産取引のようが有利です。個人的には他国で取引されている企業株よりも自国の方のものをより良く知っているので国内資産を選ぶと良いと思います。しかし、トレーダーが国外にいる場合、国内と国際資産両方という選択も良いかもしれません。
  8. トレードチャートとリサーチリソース:チャートとリサーチリソースは取引分析のキーとなるので、それらを提供しているブローカーを選びましょう。
  9. 確実な損切り注文等のリスク管理ツール:マーケットでの成功にはリスク管理能力も必要です。確実な損切り等のリスク管理ツールは市場が不安定な時に損をコントロールする方法で、スリッページに影響されることもありません。過度なスリッページで底抜け相場になることもあるので確実な損切りでアカウントを守りましょう。

CFDブローカーは上記を参考にして慎重に選んでください。“良い”ブローカーを選ぶのではなく、あなたに最も相性の良いものを選ぶことが重要です。